Categorys

  • カテゴリーなし

人材管理

勤怠管理…と聞くと、皆さんはどのようなイメージを持つ方が、多いのでしょうか?
出勤した時間と退勤した時間、また、お昼休憩などの休憩時間などをタイムカードなどで記録しておいて、企業のお給料の際に、とても大事なものです。
働く場所があれば、どんな形であれかならず勤怠管理とは行われているものです。
紙のタイムカードで簡易に記録するものもあれば、パソコンのデータ上で、勤怠管理システムなどを用いて、しっかりと管理を行っているところもあります。
企業においてしっかりと社員の一ヶ月間の勤怠状況を管理しておかなかれば、給与計算することは出来ません。
なので、ビジネスにおいて勤怠管理システムというのはとても重要なものなのです。
また、企業によっては、就業時間内で仕事が終わらない場合もあります。
そういった時に、やむを得ず残業をすることになったとして、残業をする時にもその残業の時間をしっかりと管理しておかなければいけません。
サービス残業と呼ばれている、無償で社員やアルバイト、パートの人が勤怠管理をセずに、残業をしていることが大きな問題となっているので、ビジネスにおいてサービス残業は合ってはいけないものだと考えられています。
こういったサービス残業が起こらないようにしっかりとした勤怠管理をする事が、ビジネスの人材管理にとって、とても重要なのです。
なので、ここではいかにビジネスにとって勤怠管理システムが有効か、またどういった勤怠管理システムを用いたらいいのかなどの話をしていきたいと考えています。

オススメ情報

勤怠管理をクラウドで管理しながら、給与業務をアウトソーシングします!|Socia(ソシア)
日報のシステムを利用して社内の情報伝達を行ないましょう。|J-MOTTO
人件費を落としたい方は勤怠システムを学ぼう!!|HOYAサービス
勤怠管理システムについて / NSPの人事総務統合ソリューション

Calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930